「絶望人生カフカの人生論」/ 頭木弘樹




カフカから学ぶ人生観

あなたはフランツ・カフカを知ってますか?

彼の作品を読んだことがない人でも、恐らく名前くらいなら耳にしたことがあるのではないでしょうか。

カフカは20世紀を代表するチェコ出身の小説家です。

今でこそ世界的名声を獲得しているカフカですが、彼の作品が脚光を浴び始めたのは奇しくも彼が亡くなった後のことでした。

カフカは度が過ぎるくらい何事に対しても悲観的な性格です。

夢、仕事、父親との関係、恋愛。何一つ上手く事が運ばない自らの人生に対してカフカはいつも愚痴を吐きまくります。(ラブレターの文章にでさえ愚痴みたいな表現が混じってます)

ぼくたちも、「何も上手くいかない」や「なんで俺ばっかり」などと愚痴を溢したくなることもあるでしょうが、カフカのそれは度を越えています。

実際、ぼくも基本的には悲観的な性格ですが、流石にここまでは病んでないかなぁ、なんてこの本を読みながら思っていました。

この本は生前のカフカの手紙や日記などをたくさん紹介していて、彼がいかに人生に絶望していたのかを分かりやすく解説しています。

 

底なし沼のようなカフカの悲観的な人生観

前に進むことはできません

将来にむかって歩くことは、ぼくにはできません。

将来に向かってつまづくこと、これはできます。

いちばんうまくできるのは、倒れたままでいることです。

——— ミレナへの手紙 ―——

「絶望名人カフカの人生論」

暗い!これ紹介ページの最初です。1ページ目から暗すぎます。

けどなんか笑っちゃいます。

倒れたままでいることが一番上手くできるって、、、

しかもなんとこの文章、ラブレターの中の一文らしいのです。

こんなこと言われも貰った女の子はなんて返すのでしょう……

 

このコップ砕け散るかも……

ミルクのコップを口のところに持ちあげるのさえ怖くなります。

そのコップが、目の前で砕け散り、破片が顔に飛んでくることも、

起きないとは限らないからです。

——— フェリーツェへの手紙 ―——

「絶望名人カフカの人生論」

いや、どんだけ心配性なの!

目の前で砕け散る、ってとてつもない想像力です。常人には到底思いつきません。仮に友達に言いでもしようなら、冗談として捉えられて一蹴されることは間違いありません。

しかしカフカは大真面目に言ってます。彼はとてつもなく心配性なのです。

確かにカフカが生きていた時代には第一次世界大戦が起きました。詳しくはわかりませんが、彼の家の周辺でもドンパチがあったりしたのでしょうか。

今の世の中は、いつどこででもテロなどが起きてもおかしくない世界情勢です。もしカフカが今の世界で生きていたとしても、きっとまだ安心してミルクを口にすることはできないでしょう。

ミルクを飲むことさえ怖いと感じるなら、彼は外出なんて絶対できなかったのでしょう。

 

部屋に引きこもりたいんです

ぼくはひとりで部屋にいなければならない。

床の上に寝ていればべっどから落ちることがないのと同じように、ひとりでいれば何事も起こらない。

——— ミレナへの手紙 ―——

「絶望名人カフカの人生論」

早速言ってくれました!

こうまでストレートに引きこもり宣言をされると逆に気持ちがいいです。

こんなことを言っているカフカですが、実は彼、真面目に外で仕事をしていました。

大学卒業後に就職した保険会社は労働時間が長く、執筆時間を確保できないという理由で直ぐに退職してしまいましたが、その後就職した勤め先は比較的労働時間が短かったので、カフカはそこで働きながら小説を書いていました。

カフカは悲観的に物事を考えがちではありましたが、小説を書くということに関しては並々ならぬ強い執念を持って取り組んでいたのです。

 

ネガティブ思考の人こそ読むべき!

カフカのネガティブな発言の数々を読んでいると、何故かはわかりませんが、不思議と今抱えている悩みから来る苦しみから、少し開放されるような気がします。

カフカは悪く言えば心配性、考えすぎ。良く言えば繊細空想力が豊かなんですね。

もしカフカが超ポジティブ思考でイケイケな性格だったら、今でも世界中で読まれ続けている彼の素晴らしい作品の数々は、きっとこの世に存在しなかったことでしょう。

超ネガティブな性格でも捉える視点を変えれば、最大の長所にもなりうるんですね。

何かに悩んでいるネガティブ思考な人にとって、この本はきっと助けになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です