外国人が日本に住むということを考える




こんにちは。

先週から禁煙を試みていますが、吸いたい気持ちが一向に消えない負け犬です。

簡単に禁煙できる方法を知っている方がいれば是非とも教えて下さい。。。

最近、Hello Talkなどの言語交換アプリや、旅行先で知り合った外国人とやりとりをする機会が増えてきているのですが、彼らと会話をしている時に、「外国人が日本に住むことって、実際のところどういうことなんだろうなぁ」と何気なく考えてしまうことが多いです。

それと、外国人が日本に興味を持ったきっかけとかについても考えたります。

そんなことで、今回のテーマは「日本に興味がある外国人」について考えたことを書いてみたいと思います。

 

日本文化=アニメ?

日本語を勉強している外国人に日本に興味を持ったきっかけを聞くと、日本のアニメが好きだからと答える人が少なくありません。

人にもよりますが、彼らが知っているアニメのジャンルは王道のものからちょっとマイナーなものまで多岐に渡ります。

あるハンガリー人の友達曰く、日本のドラマは観たことないけど、ハンガリー語の字幕付きの日本のアニメは良く観ている、とのことでした。

また、単にアニメが好きなだけではなく、アニメのキャラクターのコスプレをすることが好きな外国人もたくさんいます。

「コスプレというものが良い文化なのかはわからないけど、それがきっかけで日本に興味を持ってくれる外国人がいれば、それはそれでいいのかも」と、以前コスプレ好きのチュニジア人の友達に言ってみたことがあったのですが、
それを聞いた彼女は「いや、コスプレが好きな人たちのほとんどはコスプレすること自体が好きなだけで、日本の他の文化には全く興味がないのよ」と笑いながら言っていました。

それを聞いて、僕がなんだか複雑な気分になったのは言うまでもありません…

 

日本は住みやすいけど住みにくい国?

日本に住む外国人で、日本は住みやすい国だと認識している人は少なくないと思います。

店員はどこに行っても礼儀正しく、待ちゆく人々は基本的には親切。どの場所に行こうと治安の面を心配する必要はほとんどありません。

他の国と比較した場合、日本が住みやすいと感じる点は他にもたくさんあると思います。

しかし、このブログでも以前紹介したことのあるフィリピン人のFさんが次のように言っていたことがありました。

「日本はとても住みやすい。だけど、日本人は少し外国人に対して冷たいところがある。親切とか礼儀正しいとかそういうことではなくて、多くの日本人には外国人を受け入れようとする意識がまだあまりないんじゃないだろうか。だからこの国では外国人が社会的な生活を送るのは非常に難しいと感じる」

彼の主張は要するに「日本人は外国人と日本人を区別しすぎていて、日本人同士のように何故外国人に接しようとしないのか」というものでした。

それを聞いて、「確かに日本人の友達と同じように外国人の友達に接することは僕もできてないな……」と思ってしまいました。

 

志望する職に就くのが難しい

これも本人たちから直接聞いた話なのですが、やはり外国人にとってはいくら日本語ができていようが、志望する職に日本で就くことは非常に難しいとのことでした。

僕の日本に住むポーランド人の友達は日本語がペラペラで英語も問題なく話せます。

しかし、彼女が英語を使う外国人向けの求人に応募した際に、「英語が母語の国でなければ採用できない」と言われてしまったそうなのです。

確かに、日本人でさえ自分の希望する職種に就くことが難しいのですから、外国人にとってはさらに難しいでしょう。

というより、そもそも自分の志望する職の外国人向けの求人を見つけることすら難しいと思います。

 

さいごに

法務省のデータでは近年の日本の外国人居住者数は大幅に増加しており、日本の総人口の減少を外国人居住者数の増加が結果的に相殺させているらしいです。

このことからもわかる通り、日本に住む外国人居住者数は今後もっと増えていくことになるでしょう。

日本の単一民族としての文化がこれまで長く続いてきた理由の一つは、今まであまり外国人の移民が多くなかったからというものが挙げられますが、今後、人種がより多様化していく過程で、日本のこれまでの文化がどうなっていくことになるのか、見ものだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です