英語学習のためにアニメの字幕版を観ることについて




こんにちは。

語学学習に励んでいる方の中には、アニメやドラマの英語字幕版を観て勉強されている方も多いのではないでしょうか。

最近ではYouTubeHuluを活用すれば、大金を払わなくても効果的なリスニングの勉強をすることができます。

実際、ぼくもこのアニメの字幕版を観るといった勉強方法を取り入れたこともありましたが、いかんせん自分の英語能力の向上に繋がった実感がありませんでした。。。

確かに方法が正しければ効果的な勉強法なのかもしれませんが、あまり英語が得意ではない方がこの勉強法だけで学習するのは危険だと思います。

 

使わない表現を学んでも……

アニメを観て英語学習をしたことのある方ならわかると思いますが、内容によっては現実の世界では使う頻度がかなり低い表現ばかり出てくるものがあります。

ぼくは一時期ネットに落ちてるガンダム00の英語版を観て学習していたことがありましたが、「使わない表現ばっかやんけ……」と気付くまでそう長くありませんでした。

代表的なものは主人公である刹那・F・セイエイが作戦開始時に発する「目標を駆逐する」という台詞。

英語版ではこの台詞は「I’ll eliminate the target」と訳されてありました。

この台詞は作品を通し何回も出てきたので、意識せずとも自然に覚えてしまったのですが、どう考えても普段の生活で使う場面なんてありません(笑)

このことを外国人の友達に言ってみると、「オンラインの戦争ゲームとかやるなら使うかもしれないけど、ほとんど覚えなくていい表現だね」と鼻で笑われたことがありました。

そのため、どうしてもアニメの英語版で勉強したい方がいるなら、そういったSFの作品なんかではなく、もう少し日常の会話とかが多い作品を選ぶことをおすすめします。

 

字幕と台詞が合ってない

これはアニメだけではなくドラマや映画などにも言えることですが、日本の作品が英語版になる場合はたまに英語音声と英語字幕が合ってない箇所のある作品があります。

またそれだけでなく、ごく稀に洋画の字幕そのものも字幕と俳優の台詞が異なる箇所があるなんてこともあるようです。

これは字幕に掲載できる文字数に制限があるために、似た表現で単純化したり、大胆に改変するなどの作業が行われるためだそうです。

そのため、ある程度リスニング能力がある方なら問題ないのかもしれませんが、一から全て字幕に頼り切った勉強方法をしていると学習が捗らないといった事態になりかねません。

そのため、映画やアニメを観てリスニング力を鍛えるには、予めある程度基礎を固めておく必要があります。

 

英語版のアニメを観る学習方法は良くないのか

これは一概には言うことはできませんが、ドラマやアニメを観て勉強することで日常生活で使う表現にたくさん触れられるというのは大きな利点だとも思います。

机上の勉強だけでは、実際にはほとんど使わない表現を覚えてしまったり、また折角覚えた表現をどのような場面で使えばいいのかわからないまま、そのまま忘れてしまうといったこともあるかと思います。

なので、アニメの英語版を観るといった勉強方法は、あくまで息抜き程度にするのがいいかもしれません。

 

さいごに

やはり、リスニングを鍛える一番の勉強方法は、外国人の友達を作って実際に会話することだと思います。

ただ、「俺はどうしてもアニメを観て勉強したいんじゃ!」っていう方がいるなら、その勉強方法を続けてみてもいいかとも思います。

自分が楽しいと思えるなら、勉強することが苦になりませんからね。

また、個人的な意見ですが映像を観てリスニングの勉強をするにはやはりHuluが優れていると思います。

Amazonプライムは安いのは利点ですが、いかんせん作品数が少ないですし、英語字幕には対応していません

今後、機会があったらこの二つの映像配信サービスについても記事にしてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です