「野火」 / 大岡昇平




今回は今までぼくが読んできた戦争小説の中で一番感銘を受けた本を紹介したいと思います。

本書は作者である大岡昇平の、フィリピンでの戦争体験が基になっています。

1959年版、2015年版とこれまで2回も映画化されていることから、本作品の評価がいかに高いかがわかります。

 

あらすじ

舞台は第二次世界大戦末期のフィリピン、レイテ島。主人公である田村一等兵は肺病のため所属部隊を追われるが、向かった先の野戦病院でも食糧不足のために入院を断られる。

仕方なく部隊に戻った田村であったが、十分に完治していない者を部隊に置いておく余裕がないということで、僅か芋6本を持たされ、再び部隊を追われることになる。

所属先を失った田村は劣勢が濃厚なフィリピンの戦場を、充てもなく彷徨うことになる。

行く先々で遭遇する現地のフィリピン人のゲリラや、マラリアなどの病気や飢えに苦しむ同朋の日本兵たち。そして死んだ自分の肉を食べるように勧める瀕死の日本軍将校。

死と隣り合わせの極限状態に身を置き続けなければならないその状況で、いつしか田村の脳裏には幼い頃に暗唱していた旧約の詩句が過ってくるのであった。

 

人間の極限状態を描いたリアル過ぎる戦争小説

生々しい戦場の光景

本書は戦争小説でありながら、主人公が勇猛果敢に敵兵と戦闘を繰り広げるような場面は出てきません。主人公の田村は最初から最後まで、死の淵に立たされ続けながらも、懸命に生きながらえようとします。

日本軍はオルモックが陥落した後、レイテでの航空戦で大敗を喫します。それが原因にもなり、主人公たちの元には航空機による物資の支援がほとんど届かなくなってしまうのです。

戦場には足が壊死し歩けなくなってしまっている者や、戦闘によって既に息絶えている日本兵が道端の至る所で倒れており、

そんな絶望的な戦場を、田村はまるで死に場所を探すかのように孤独に彷徨い歩き続けます。

戦場には食糧が十分にはないため、兵士たちは辺りに自生する草や、現地人の所有物であった塩や芋を食いつなぎ、なんとか生きながらえようとします。

そして、田村は死体を食べるかどうかという究極の選択を最終的に迫られるようになるのです。

また、この小説は描写がとても生々しく、活字を読んでいるだけなのにも関わらず、腐乱した死体の姿や、その臭いなどが鮮明に想像できてしまいます。

 

カニバリズムについて

人間の肉を食べる行為、いわゆるカニバリズムが本書の最大のテーマになっているといえます。

日本では薬用や葬儀、風習として人間の肉を食べるといたった行為が古くから行われてることもあったそうですが、現代ではまず聞かない話ですね。

戦時中の人肉食というのは、架空の話ではなく実際に起こった話だそうで、実際に人の肉を食べた日本兵が戦犯として処刑されたりしています。

人の肉を食べるといった行為は確かに倫理的には絶対に許されないことだとは思いますが、もし自分が戦場で餓死寸前の状態まで追い込まれたら、理性を保つことができるかどうか自信がありません。

主人公の田村は結果的には人の肉を食べてしまうことになるのですが、それは仲間の一人から「猿の肉」だと嘘をつかれて提供されたものです。

しかし、次の文からその肉が猿の肉ではなく人間の肉であることを主人公が知っていたことがわかります。

銃声がまた響いた。弾は外れたらしく、人影はなおも駆け続けた。

振り返りながらどんどん駆けて、やがて弾が届かない自信を得たか、歩行に返った。そして十分延ばした背中をゆっくり運んで、一つの林に入ってしまった。

これが「猿」であった。私はそれを予期していた。

「野火」

最後に

ぼくがこの本を始めて読んだのは大分前のことになりますが、今でもたまに再読することがあります。

そしてその度に、戦争のことについてはもちろん、人が生きるとはだとか、この世界に本当に神はいるのかなどといったことを無意識の内に考えてしまいます。

ドンパチがメインの戦争小説や映画も面白いですが、こういった戦時下の兵士一人に焦点を当て、その人物の生き死にについてを扱う作品も興味深いです。

多くの方々に読んで頂きたい作品ですが、多少グロテスクな表現も含まれていますので、その点は気をつけて下さい…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です