カウチサーフィン(Couch Surfing)で現地の人の家に泊めてもらおう その2【ホストの探し方編】




カウチサーフィン(以下CS)のサイトに登録を済ませ、プロフィール欄を埋めたら次はいよいよホストを検索してみましょう。

ホストを検索する際に気を付けておいた方が良いことや、ちょっとしたコツがありますので今回はそのことに関して書いてみたいと思います。

カウチサーフィン(Couch Surfing)で現地の人の家に泊めてもらおう その1【登録編】

2017.09.18

 

ホストの探し方

①自分の旅行日程を入力する

旅行先の親切なユーザーが運よくこの情報を見てくれた場合、彼らの方からホストのリクエストを送ってきてくれる可能性が出てきますので、この情報は入れておくことに越したことはありません。

早速My DashboardのページからCreate A Public Tripで自分の旅行日程を入力します。

入力項目は下記の通りです。

  • Destination – 行き先
  • Arrival Date, Departure Date – 到着日、出発日
  • Number Of Travelers – 旅行者数
  • Trip Description – 旅行の詳細

 

②ホストを検索してみる

旅行日程の入力が済んだらいよいよ実際にホストを検索してみましょう。

ホストの検索方法は画面上にある検索ボックスでFind Hostを選択し、行き先を入力します。

※行き先は地名で検索して下さい。下の画面ではイギリスのマンチェスターで検索していますが、これが例えばイギリスで検索した場合、後からそのユーザーがマンチェスターに住んでいるかどうか確認しなければならなくなってしまいます。

すると、プロフィールでManchesterと入力しているユーザーが表示されますが、これだけではまだホストになり得るユーザーが多すぎてどのユーザーにリクエストを送るべきかどうかわからないと思います。(今回の検索結果ではManchesterに住んでいるユーザーが18,038人も表示されてしまっています。)

 

ホスト検索の機能ではいくつかの項目でフィルターをかけることが出来ますので、これを使ってみることにします。

フィルターをかけることが出来るのは下記の項目です。

  • HOST INFO – ゲスト受け入れの可否、最終ログイン日、登録日、性別、年齢、話せる言語、興味があること
  • ACCOMMODATIONS – 宿泊先の部屋のタイプ、喫煙の可否、住まいの所在地
  • REFERENCES – 子供・ペットに関して、車椅子可能か、任意のワード

 

この項目に関しては検索する人の好みになりますので、自分がどのようなユーザーにホストしてもらいたいかをよく考えて検索してみて下さい。

 

個人的に大事だと思うのは下記の項目になります。

1.ゲストの受け入れ可否が、Accepting GuestsまたはMaybe Accepting Guestsになっているか

→ 言うまでもなく、ゲストの受け入れ意思のないユーザーを検索しても意味がないからです。

 

2.Referenceを持っているか。Friendsが登録されているか。

→ 判断基準が難しいところですが、PositiveReferenceが一つもない人は選ばない方が無難でしょう。Friendsについては登録している人数が多ければそれだけ信頼出来るユーザーであると考えられます。

 

3.最終ログイン日時が1週間以内

→ そのユーザーがどれくらいCSのページを確認しているかの判断基準になりますので、例えば最終ログインが一年前のユーザーにリクエストを送ったとしても、ほとんどの場合返信が来ることは期待出来ないでしょう。

 

③ホストを選んでリクエストを送る

ユーザーをある程度絞り、目ぼしいユーザーを見つけることが出来たら実際にカウチリクエストを送ってみましょう。

ただ、リクエストを送る際にも下記のことに気を付けておいた方が良いです。

  1. 一応、相手のプロフィールの全体に目を通しておく
  2. メッセージは全てコピペで済ませるのではなく、相手の名前やプロフィールを見ないと書けないようなことを内容にいれておく(相手に興味を持った個別の理由を含めることが出来れば尚良いです)
  3. 堅すぎるよりも、なるべくフランクな感じの文章を作るようにする(しかし、それでいて誠実な態度は出して下さい)

 

メッセージを送るタイミングについては、これもホストの性格次第なので、早い方が良いのか遅い方が良いのかは一概には言えません。

色々なユーザーのプロフィール欄を見ていると「そんな先のことはわからないから、一か月前のリクエストは送らないで」だとか「間近に迫ったリクエストは受けたくないです」などと、リクエストを受けるタイミングについて記載しているユーザーもいますので、それは臨機応変に対応してみて下さい。ただ、使ってみた実際の感想としては、大体2週間前くらいにリクエストを出すのが丁度良いのかなという気もします。

メッセージを作成したら実際にリクエストを送ってみましょう。そして相手が受け入れてくれれば、その後は当日の待ち合わせ時間や、一緒に行動が出来るなら大まかな予定などについてやりとりをします。

※ぼくはまだ現地SIMを買った旅行先でしかCSを使ったことがないのでなんとも言えませんが、フリーのWiFiに頼ろうとしている人などは、当日連絡がつかなくて会えなかった、などといったことにならないように、待ち合わせ時間や場所などを出国前に予め綿密に決めておく必要があります

 

以上がホスト検索からリクエストを送るまでの流れになります。

最初はホストが決まるまで少し時間がかかるかもしれませんので、試行錯誤を繰り返しながら根気よくリクエストを送り続けてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です